シロアリ駆除についての情報がいっぱい!

当サイトではシロアリ駆除に関する駆除のやり方の他駆除業者の探したかなどを解説するサイトです。
駆除に掛かる費用や駆除における保証などを解説し、何年おきに駆除依頼をするのが望ましいかなど方法について記載をしているサイトです。
サイト内では駆除によって得られるメリットの他駆除を行わなかった場合におけるデメリットの発生などについても解説をしており、本当に必要である処置であるかを解説しています。
サイト内の情報が皆様の役に立てれば幸いです。

わかりやすいシロアリ駆除の方法まとめ

わかりやすいシロアリ駆除の方法まとめ シロアリ駆除の方法は薬剤を噴霧器で直接送ることにより駆除をする方法が主です。
やり方は噴霧器を使用し、白アリがいる場所に吹きかけるように使用します。
内部に白アリがいることを想定し、木材であれば穴を開けてから薬剤を注入する手法が望ましく、シロアリ駆除をする必要性は木材の保護が目的です。
木材を保護することで家の耐久性を損なうことなく外注のみを退治することが出来るのがシロアリ退治と言う手段です。
業者の駆除剤の有効期間は約5年程度です。
シロアリ駆除の保証ですがこちらは、5年間の間シロアリが寄り付かないという保証が一般的で再度シロアリが寄り付いた場合、無償または割引を適応し保証としてシロアリ駆除を行います。
駆除に掛かる費用は、1平米当たり1200円となり自宅の大きさにより異なり、5年ごとに再度駆除剤を撒くのが効果的とされます。

シロアリ駆除をする方法と相談相手は誰にするべきか

シロアリ駆除をする方法と相談相手は誰にするべきか シロアリが発生すれば、柱や梁などの木材は食い荒らされて建物の耐久性は著しく損なわれます。
それを防ぐためには、発見次第シロアリ駆除をしなければいけません。
シロアリ駆除の方法は侵入箇所と思われる薬剤を散布したり、被害にあった木材に穴を空けて注入したりします。
ただし薬剤を散布するときに井戸水などに入ってしまうと人間の口に入るかもしれませんから、周囲の状況はよく確認しなければいけません。
さらにコンクリートの穴などからシロアリが侵入している場合には、それを埋めて入れないようにします。
シロアリ駆除用の薬剤というのはホームセンターに行けば手に入りますし、コンクリートの穴を埋める道具も販売されていますから自分で対応ができます。
でも被害のある箇所を完璧に把握するのは大変ですし、屋根裏や床下に潜り込む必要があります。
プロのシロアリ駆除業者に任せるほうが楽です。
そこでシロアリが発生したときに、相談相手になるのが賃貸物件であれば大家や管理会社です。
なぜなら建物にシロアリがでてきたときには大家側に駆除や修繕の義務があるからです。
費用についても入居者が心配する必要はありません。
持ち家であるときに、シロアリ駆除業者の団体で相談すれば紹介してもらえます。
そういった団体に加盟しているならば、悪徳業者の可能性は低いので安心して任せられます。

シロアリ駆除について、ゾッとする羽アリの出現

シロアリ駆除を自分でやったことがあるので、簡単にご説明したいと思います。まず、我が家は築40年の古い木造建築で、羽アリの恰好の餌食になったのは仕方ないことだと考えておりました。ある日ワイフが「シロアリが出た」と、飛んでまいりました。彼女の案内する場所を見ると、羽アリが数匹1階と2階の間に集まっております。てっきり床下に巣を作るものだと思い込んでいましたので、まずびっくりしたのです。次には、何匹もいるのでシロアリ駆除が本当にできるのか不安になりゾッとしました。プロの業者さんに頼むべきところですが、費用のことを考えるとそう容易には頼めません。まずは薬剤で駆除できるかどうか、ホームセンターへ向かったのです。そこで係の人に質問すると、プロフェッショナルに頼まないとうまく駆除できないとのことでした。しかし、ホームセンターには何種類も駆除剤が売られていたので数うちゃ当たるでしつこくやれば成功できるのではないかと思いました。まず、巣の中穴深くに駆除剤を噴霧し撃退。次に穴を塞ぐ板に駆除用塗料をしっかり塗布する。その板を完全に固定し、巣への出入りを完全にブロックする。そして遂にシロアリをいなくすることに成功したのでした。

シロアリ駆除と木材の関係とは何か説明します

シロアリは家の木材に被害をあたえて傷ませてしまうので駆除をする必要があります。駆除専用の薬剤を使用して家の木材に注入してシロアリを退治していきます。薬剤には粒状のものやスプレー状のものなどさまざまな種類があり、専門業者は一番適したものを選びます。生息場所は木の表面や内部まで広範囲に及ぶので、専用の器具を用いて木に穴をあけて薬剤を注入していきます。十分な効果を出すために木でできた栓を使ってあけた穴を塞ぎます。このような工程を数百か所も処理をしてシロアリ駆除をします。シロアリが好む場所の柱や土台にも薬剤を散布します。シロアリ駆除は土壌にもおこないます。シロアリは土の中に生息しているので、土壌処理をやることによって、新たに侵入しないようにすることができます。土壌処理を一度すると、数年は効果があるといわれています。シロアリ駆除は専門業者に依頼するのが一般的ですが、自分でシロアリ駆除をおこなうことも可能になります。

シロアリ駆除の薬剤はどのように選べばいいのかについて

木造一戸建ては新築時代には問題なくても、湿気が多い国なのでシロアリが発生します。シロアリを放置すると建物が食い破られて、取り返しのつかない状態になりかねません。そこで一戸建ての住宅は定期的に、シロアリ駆除の薬剤を使って駆除や発生の予防が必要になります。だけど素人ならばシロアリ駆除用の薬剤を、どのように選べばいいのか分からないと思います。そこでどのように選べばいいのかを、以下で説明して行きます。まずもう発生してシロアリ駆除をするのかや、まだ発生していないで予防するのかの目的で選ぶ方法があります。ホームセンターの殺虫剤コーナーでは、いずれの目的の商品も売られています。それ以外にも成分で選ぶ方法があり、成分によってはシロアリ以外の生き物にも有害な物と、ピンポイントでシロアリのみを駆除して他は安全な製品があります。他には駆除方法で選ぶ事も出来て、ホームセンターには直接スプレーを噴射するタイプや、設置すると中に入っているシロアリが好きなニオイや味の毒エサを使って巣に持ち帰らせて駆除する設置型などが売られてます。

シロアリ駆除が最も有効なのが床下である理由について

シロアリ駆除でもっとも薬剤散布が有効な箇所は、木造一戸建てなどの建物の床下です。何故かというとシロアリはそもそも土の中に住んでいる蟻で、一戸建て住宅の床下は土に接する箇所だからです。だからシロアリが家を食い荒らす時には、一番先にその箇所から侵入してきます。そして建物の床の下は、普通に住んでいても一切見えない箇所なので、発生しても気付かない事が多いです。そしてそのまま気付かずに放置していると、いつの間にか修復不能な位ボロボロにされてしまいます。そうならないためには、予防のために定期的に点検する事が有効です。それでも見逃してしまって発生してしまった場合には、ホームセンターなどの購入できるシロアリ駆除の薬剤で駆除する必要があります。薬剤にはスプレーで直接噴霧するタイプだけでなく、水を入れると燻煙が床の下の空間の隅々まで行き渡るタイプや、巣の側に設置すれば自然と毒エサを巣に持ち帰って全滅させるものなどが売られてます。

一般的な家屋におけるシロアリ駆除の必要回数はどのくらいか

木造家屋の天敵でもあるシロアリは、専門の業者にシロアリ駆除を行うのがポイントになります。素人が巣を見つけ、それによって駆除を行う方法もありますが、それだと根本的な対策を施すことができないケースも多いです。
もっともシロアリ駆除は、家屋の広さや階層などによって必要回数が違ってくるのも事実です。一般的な手狭な家屋においては、駆除は一回で十分とするケースが多かったりします。大抵は薬剤を用いて根こそぎに駆除を行いますので、その日のうちに片付くものです。なお駆除しても別の箇所に巣があるケースもあったり、数か月後に再度、巣が出来てしまう場合もあります。その場合には数度、駆除を要することになりますので、万全を期すためには複数回のシロアリ駆除を要します。シロアリ駆除の業者も調査してから取り掛かりますので、最低でも2回は業者が駆けつけることが普通です。
丁寧な業者になると調査・駆除・確認の三工程に分ける場合もあり、駆除自体の必要回数は1回でも前後の調査回数は複数になります。

家屋などの現場調査がカギを握るシロアリ駆除

シロアリの被害は大切な家屋の倒壊の危険性を生じる点であり、木造住宅を所有されているケースでは特に注意をしなければなりません。いつの間にか知らず知らずにシロアリに喰い荒らされてしまい、後で顕在化することも多く、早めに対策を講じることで倒壊の危険を防ぐことにも繋がります。
まずシロアリ駆除で一番の肝は現場調査を行うことで、家屋の下にもぐったり屋根裏・柱・周囲の植木などの状態などを把握することから始まります。そこから狙われやすい家屋や実際に狙われた箇所を把握することもでき、駆除の他に予防までも実現してくれます。
実際に長年のシロアリ駆除の業務に携わった業者だと、家屋を見た瞬間にシロアリが発生しているか否か、将来発生するかどうかの判別することができるほどです。現場調査を行う重要性は、シロアリは思わぬところから侵入することが多いからとなります。
例えば絶対に誰しもが侵入はできないだろうとノーマークな箇所に巣が出来ていたりする事例もあり、また湿気を好むためそうした箇所が狙われることも多いです。シロアリ駆除の基本は現場を何度も探ってみて、シロアリの繁殖が疑われる箇所の洗い出しが重要となるのは言うまでもありません。

シロアリ駆除に発生する費用の目安と諸経費

シロアリ駆除は部分的ではなく建物の全体に及ぶことから、高額な費用が発生するイメージがあるのではないでしょうか。
シロアリ駆除に要する費用の目安は1坪あたり1万円前後といわれており、坪数が増えるとそれだけ費用も嵩むことになります。料金には薬剤や人件費に調査費用などが含まれており、他にも養生や出張費も発生することがあります。基本料金にどこまで含まれるかはシロアリ駆除業者によりますが、追加で諸経費が掛かることも珍しくないので、予め料金体系を確認したり、内訳が分かる見積もりを出してもらうことをおすすめします。シロアリ駆除の広告に掲載される金額が曖昧なケースが多いですが、これは実際に調査をしなければいくらになるか明確にならないのが理由です。建物の構造が複雑なほど手間が掛かりますし、作業時間も長くなるので金額も高くなる傾向となります。基本料金が安くても内容が最低限だったり、諸経費で追加費用が大きく掛かるケースもありますから、しっかりと確認して総額や内訳に納得してから正式に契約することが大事ではないでしょうか。

シロアリ駆除にも活用されるかもしれない最新技術

"シロアリ駆除の方法のメインは各種の殺虫剤を駆使するというものです。シロアリに対して噴霧する、あるいは通り道に配置しておくベント剤などが主なものですが、いずれも薬品を使用する点で共通しています。かつてはシロアリ駆除に砒素が用いられていましたが、最近では安全性の高い殺虫剤が現場で使用されています。
最新技術の害虫駆除技術では、これまでにないエポックメイキングをもたらす方法が開発されつつあります。その技術というのが「レーザー害虫駆除」というもの。
これは高出力のレーザーを対象に照射し破壊するというもので、その実態はレーザー狙撃による物理的排除を狙ったものです。飛翔中の害虫を駆除するもので、被写体の自動検知機能や自動追尾機能などと一体化して運用されるものです。現在では目下、被写体を検知するシステムの構築が端緒についたばかりで、実用化には程遠い状況と言えます。将来的にはシロアリ駆除に活用されることも期待されます。

シロアリ駆除は手遅れな状態にならないうちに行う

害虫の中でも大切な家に大きな被害を与える可能性があるシロアリは早めに対応しておきたいものです。
シロアリは、普段は人の目に見えない部分で活動していることもあり発見が遅れてしまうことも珍しくありません。羽アリの姿を見ることで気づくことも多いといわれています。シロアリ駆除が必要であるかどうかは、点検でわかります。こうした点検だけなら無料で対応しているところも多いので、まずは相談から始めてみましょう。
シロアリが発生していても、まだそれほど大きな被害に及んでいないケースもあります。そんな場合はシロアリ駆除を後回しにしようと考える人もいるかもしれません。 シロアリは、そのまま放置しているとさらに繁殖し、被害が拡大する可能性があります。そして、家に被害があった場合も、自然に元の状態に戻るものではありません。
手遅れな状態になってしまうと、シロアリ駆除にはより多くの手間や費用も発生します。さらに、家の修理代に莫大な費用がかかる可能性もあります。手遅れな状態にならないうちに、できるだけ早く駆除を進めていきましょう。

シロアリ駆除に適したタイミングとその理由

結論から言えばシロアリ駆除のタイミングは特になく、駆除のための準備や予算の確保が完了したら早めに行うべきというのが答えです。
大抵の虫が冬場の活動が鈍くなりますが、シロアリは当てはまりません。
冬のみならず年間を通して活動しており、どの季節であってもシロアリ駆除の効果をあげることが出来ます。
駆除を行う業界の中ではほかの虫が活発になる時期と重ねて春から夏にかけての時期に、依頼が多くなります。
しかしこたつや電気カーペット、温度の高いバスルームや暖房器具を頻繁に使う部屋であれば冬場も被害が多いです。
被害の原因であるシロアリの生態を見ていくと、東京より西および南の地方に生息するイエシロアリは6~7月ごろに飛来します。
一方で日本全国に生息するヤマトシロアリは、4~5月に飛来するという違いがあるので注意が必要です。
建物の中にはびこるコロニーはもちろん、飛来して繁殖する原因となる有翅虫を駆除して元を断つことが重要になります。

シロアリ駆除を依頼する時に事前に知っておきたい保証範囲

シロアリ駆除を依頼すると、どのような保証が受けられるのかが気になるところです。
期間や内容は業者によって異なりますので契約を結ぶ前にチェックしなければなりません。
一般的なシロアリ駆除業者の場合、保証期間内なら再び駆除してもらえます。
ですから、一般的な保証とは施工のことを指します。
もう一つ知っておきたいのが保証範囲です。
これはその業者が処置をした範囲に限定されますので、同じ場所で発生したら再び施工してもらえるということです。
ただし、広範囲に及ぶ場合や建物自体が古い場合には、依頼した時点で保証対象外となってしまうこともあります。
これらは依頼した業者が個々に判断するものであり、他の業者が対象内だとしても、依頼先が対象外と言えばその後の処置は行われません。
業者が施工した後に自分で駆除したり他の業者に依頼した場合、最初に利用した業者が保証する状態から変わってしまいます。
そのため、期間内には新たに手を加えないことが大切です。

シロアリ駆除にはサーマルカメラが最適です

長年住み続けている家は必ず老朽化が激しくなってきてしまうものですが、木材が腐ってしまったり錆びて腐敗が激しい場合ではないのであればそこまで急いで対策しなくても倒壊する恐れは無いと言われています。
しかし、最も厄介な存在と言えるのがシロアリになるので、少しでもその姿を確認したり家全体の軋みが激しくて倒壊する前兆のようなものが見られる場合には、念のために一度シロアリ駆除をしてくれる業者に依頼して隅々まで調べてもらうことをおすすめします。
そして、シロアリは木材の奥深くまで侵入していて目視ではなかなか認識することが難しい場合があるので、一般的にはシロアリ駆除をする際にサーマルカメラを使用して状態を調べることから始めます。
サーマルカメラは赤外線の力を借りて検査の効率を高めるために使用されることが多く、検査官や住宅所有者の間で最も人気の高い存在として知られています。
使用すれば高い高解像度効果が得られるので、シロアリ駆除が楽になって徹底した排除が可能になるのでおすすめです。

シロアリ駆除で使われる薬剤の安全性を確認しよう

シロアリは放置していると、少しずつ被害が広がっていきます。
被害が広がってからの駆除になると、シロアリ駆除費用も高くなりますし、家の修理代が高くつく可能性もあります。
完璧な駆除ができることが大事なので、シロアリ駆除は専門の害虫駆除会社に依頼することをおすすめします。
シロアリ駆除は薬剤を使うことが一般的ですが、使われる薬剤がどのようなものであるのか、安全性の高いものであるのかどうかを確かめておきましょう。
シロアリ駆除に効果を発揮できることはもちろん大事ですが、人間やペットの健康に悪影響が出ないものであるかどうかはしっかり確認しておきたいところです。
環境への負荷が気になる場合は、環境に優しい薬剤であるかどうかも確かめておくようにします。
一般的に使われている薬剤は、安全性が高く人体には悪影響はないといわれています。
とはいえ、体質に合わない可能性もありますので、子供やペットがいる場合はより慎重に選びたいところです。

シロアリ駆除方法の種類と分かりやすい効果的な対策

シロアリは木材や建物にとても深刻な被害をもたらす害虫の一つです。
このような害虫から建物や財産を守るためには、正しく効果的なシロアリ駆除方法を知ることが大切になるでしょう。
はじめに化学薬品を使った駆除する方法があります。
プロの駆除業者が薬剤を使い、シロアリの巣を処理してくれます。
このやり方は効果はありますが、環境への影響に注意が必要となるでしょう。
また建物の周りにシロアリの侵入を防いでくれるバリアを設置する方法もあります。
土壌に化学物質を注入することで小さなシロアリの侵入を防ぐことができます。
バリア駆除は予防にも有効のため、心配な方は見かける前に行っておくと安心です。
シロアリの巣や感染箇所を高温で処理するやり方も一つです。
高温にすることで駆逐し、巣まるごと排除します。
この熱処理は化学薬品などを利用しないエコフレンドリーな方法と言えます。
さらに自然の天敵や寄生虫を使ったシロアリを制御する方法もあります。
これは生態系に負荷をかけることなく、持続可能な駆除と言えるでしょう。
最後に木材を保護するための特殊なコーティングや加工方法があります。
これにより、建物や家具を長く綺麗に保つことが可能です。
シロアリ駆除の方法はその種類や侵入してきた状況に応じて変わってきます。
駆除作業は専門の業者に依頼することが一般的でしょう。

もっとシロアリ駆除を知りたい

埼玉でシロアリ駆除しよう